(※終了)夏の無料受験キャンペーン

第二弾無料受験キャンペーン

iTEP Japanが悩める
ビジネスパーソンを応援!
英語が苦手」を
今年の夏こそ卒業しよう!


本キャンペーン応募受付は終了いたしました。たくさんのご応募ありがとうございました!

 

iTEP Business – Plus
受験者の感想

”小さい子供がいるので、自分の好きな時間に自宅のパソコンで受験できるのは、大変助かりました。私は朝早くに起きて受験しました。英語の全体的な技能を一度に図れることも大変よいと思いました。私の住む地域では、TOEICのスピーキングとライティングを受験できないので、いつもリスニングとリーディングばかりを受験して、その力は上がるのですが、今回ITEPを受験し、スピーキングとライティングが全くできていないことを改めて知れたのは大変意義のあることでした。全体的によいシステムで、自分の英語力測定のため、定期的に受けてみたいなと思いました。” (40代会社員・男性)

 

iTEP Business – Plus
が他の英語試験と違う理由

  • PCを使ってご自宅や会社の会議室でお好きな時に受験できます。
  • 指定の会場で受ける一斉英語試験とは異なり、お好きな場所・時間で受験できるので、スケジュールに縛られることがありません。
  • 英語コミュニケーションに必要なスキルのすべて(文法、リスニング、リーディング、ライティング、スピーキング)を、80分で測定できます。
  • 一度に5スキルを測定するので、ご自身の強み・弱みをまとめて把握できます。
 

iTEP Business – Plusは
どういう英語試験?

  • iTEP Businessは、ビジネスシーンに特化した英語コミュ ニケーション能力(全5スキル)を測定するテストです。
  • アメリカで開発されたiTEPは世界の国々、多くの企業で導入されています。
  • 日々忙しいビジネスパーソンのため、受験はいつでも、どこでも可能です。
  • グローバルな時代を生き抜くために、ご自身の英語運用能力を測定したい個人の方や、従業員の英語力を知りたい企業・団体の方にお勧めしています。
 

受験後に発行される
スコアレポートについて

  • 採点はiTEPの公認グレーダーが行います。
  • 採点時はより適切な評価ができるように、iTEPが定めた評価基準(ルーブリック)を用いることで、採点者による評価の偏りをなくす仕組みになっています。
  • スコアレポートには、各スキルのサブスキルも採点・記載されます。
  • スコアレポートにより、受験者は自分の長所と短所を明確に知ることができます。
  • スコアレポートは受験から5営業日以内に発行されます。
 

iTEP Business – Plus
の活用例をご紹介

  • 新入社員、中途採用人材を雇う時の指標として
  • 社員の部署異動を見極めるための指標として
  • 昇進の判断指標として
  • 社内で実施する英語研修のROI(投資利益率)の評価として
  • 英語スキル別の得意・不得意のチェックとして
  • オンライン英会話の効果測定として
  • 日常業務におけるブラッシュアップ(英語でのメール・テレビ会議等)
 

現役大学生や留学希望者向けテスト
iTEP Academic – Plus
について

  • iTEP Academic – Plus は、アメリカの大学、コミュニティ・カレッジ、集中英語プログラム(IEP)等への正規留学を目指す人に向けたテストです。
  • 英語力の入学選考基準としてiTEP Academicを採用しているアメリカの大学は700校以上あります。
  • iTEP Academicは留学目的だけではなく、大学クラス分け時の指標テストとして等幅広い用途でもお使いいただけます。
 

高校生以下向けテスト
iTEP SLATE – Plus
について

  • iTEP SLATE (中学から高校レベル) は、Academicのジュニア版英語試験です。
  • 中学校、高校、専門学校で、新入生の生徒の英語力に応じたクラス分けにもお使いいただけます。
  • オンライン英会話の効果測定や、学習プログラムの進捗を把握するためにご利用いただけます。