iTEP (アイテップ) とは

コミュニケーション能力を重視した、
グローバルスタンダードな英語検定テスト

海外留学生の英語能力を測る基準として、アメリカ国内の大学約 300校が iTEP を認定。国際英語コミュニケーション能力検定として注目を集めています。

iTEP: International Test of English Proficiency は、米国 Boston Educational Services 社が開発した、インターネットベースの英語コミュニケーション能力検定です。英語を第2言語として勉強する方の英語技能を、正しく判定します。 各国の大学、研究機関、企業、官庁、役所等で英語能力の査定目的で採用されているほか、アメリカの大学 (高校) の正規入学時の基準にも認定されています。

Boston Educational Services (BES) の創設者

Perry S. Akins, Chairman

ペリー・エイキンス
(Perry S. Akins, Chairman)

30年以上、アメリカ最大の集中英語プログラムを主催する ELS ランゲージ・センターの社長を務める。在職期間中、ELS はアメリカ国内で 30校、海外 20拠点を持つにいたった。1997年、大成功した ELS をベルリッツに譲渡し、1998年から 2009年まで顧問として ELS の活動をサポートした。ロータリー・インターナショナルの長い間のメンバーでもある。

Sharif T. Ossayran, President

シャリフ・オサリアン
(Sharif T. Ossayran, President)

高校生の時にイラクからアメリカに渡り、南カリフォルニア大学卒業以来、国際教育に携わっている。その関連で、アメリカの大学に留学してくる海外の学生向けに健康保険を提供する会社を設立。25年続けたこの会社を売却した後も、アドバイザーとして会社をサポート。学生時代から、NAFSA のメンバーとして活動している。

BESの歴史 BES創設者 BESアドバイザリー・ボード BESメンバーシップ&アソシエーション

このページの上へ戻る